ハイライトで小顔&立体的メイク

顔立ちをシャープに見せるハイライトとチークはメイクには欠かせない物です。
ハイライトを入れるとお肌からオーラが出ているような華やかなイメージに見えます。


ハイライトの使い始めは、ついつい重ねづけしてしまいがち。自分では立体的なメイクになっているのかちょっと分かりにくいですが、写真を撮るとよく分かります。つけすぎると浮いてしまいますので注意しましょう。1、2度サッと軽くのせるくらいで十分です。


肌を焼いている方はホワイトより黄色よりの色を選ぶのがポイント。
頬骨の上あたりから眉尻にかけてくの字型にハイライトを入れると、目元が生き生きとし、頬骨の位置も高く見せることができます。


ハイライトはパウダーだけでなく、下地でも作れます。いつもの下地にもう一アイテム、明るめの下地を使うとパウダーよりナチュラルにメリハリを付けられます。


目のクマにコンシーラーを塗っても隠しきれない場合は、ブラシではなく手でハイライトを直接つけてみてください。予想以上に隠れるのでオススメです。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、checkが2009年9月27日 14:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スカルプとは?」です。

次のブログ記事は「おでこのシワにはお手軽ボトックス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。