エステサロンの失敗しない選び方

ミスパリ、たかの由梨ビューティークリニックなど誰もが知っている大手エステサロンと個人経営のエステサロンの違いはどこにあるのか。


決定的な違いは大手の場合、ノルマをこなそうと勧誘があることです。
まず格安の体験コースや無料施術で集客します。
来店すると強制的にエステサロン設立に至るビデオを見せられたり、長いカウンセリングを受けたり、帰りもスムーズには帰れないサロンがあります。
とても払えないような料金でも、ローンを組ませ月々の支払いはわずかだと言って契約を迫る場合があります。


それと、会員制で初回に会員登録料を請求するエステサロンで納得のいくエステサロンはありませんでした。会員制というと、敷居が高そうに思えますが、技術に対する自信のなさが表れているように感じます。


ロッカールームが広々としていて、全体的にスペースがゆったりしているエステサロンも要注意です。大手にありがちな店内ですが、場所代をまかなうため、価格が信じられないほど高く設定してあったり、会員登録料を徴収する場合が多いです。


反対に地方で数店舗経営や3、4人で経営するエステサロンは、会員登録料などなく、価格設定も良心的です。
一度で目に見える効果を出してくれます。
ここでも勧誘はありますが、大手のようにしつこくなく、一言断ればあっさりと引き下がります。
電話やハガキなどで無断で営業活動をしてくることもありません。


ただ、一人でマンションの一室で経営しているようなエステサロンは効果にバラつきがあります。
電話をかけても施術中で誰も出ないこともあります。
留守電にメッセージを入れれば折り返し連絡してくれるエステサロンは期待できますが、一人でしているからといって、折り返しの連絡がないお店はほどほどの効果と考えた方がいいでしょう。


以上を参考に、本当に綺麗になれるエステサロンを見つけましょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、checkが2009年9月29日 06:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おでこのシワにはお手軽ボトックス」です。

次のブログ記事は「マニュキアを落ちにくくするコツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。