100美顔器の最近のブログ記事

ナリス メガビューティー L×H

大事な日の前日に取り入れたいのが美顔器。
ナリスは日々、研究を重ね、お手ごろ価格で効果が出る化粧品を作り出しています。
お客様とのコミュニケーションを大切にし、納得して購入できるようビューティースタジオ「デ・アイム」も次々とオープンしています。
そんなナリスが元祖メガビューティーを進化させたメガビューティー L×Hを発売しています。
エステ並みの効果が得られると評判の美顔器。
どんな機能があるかというと、まずイオンの力で汚れを吸着、次に化粧水や美容液を真皮まで届けます。
乳液やクリームはホットサーキュレーションで入れていきます。じんわりと温かいのでリラックス効果もあります。
最後にLEDの光エステお肌を元気にします。
それぞれのステップが2分~3分ととても短いのに、終わったあとははっきりと使用前と違うと気づくはずです。
全部で12分のおうちエステ。こんなに短時間で済むので毎日続けられそうですね。

多くの女性誌の美容企画や有名芸能人の愛用品として注目されているエビスのナノミスト美顔器「世界初! ナノミスト導入美顔器 リッチミスト」(税込み29400円)。色は白と赤の2色展開。


「リッチミスト」の噴霧口にあるプレートには直径7.6mmに約2,700個の穴があいており、1秒間に10万回という独自の超高速振動技術で、お手持ちの化粧水をナノ微粒子化し噴霧すれば、しみやしわの原因でもある乾燥を防ぐことができます。その超微細なミストは肌にあててもぬれていることを感じません。


また、ファンデーションより細かいミストは、メイクを崩さずお肌を保湿し、手やコットンで化粧水をつけた場合の約10倍の浸透率でお肌に潤いを与えます。専用の化粧水ではなく、手持ちの化粧水を使用することができるのも人気の秘訣。ただし油分の多いものや粘性の高い化粧水は利用できません。


片手で持てるポータブルサイズなので、カバンに入れて持ち運べるのが嬉しいですね。下地+ファンデショーンでお化粧直しするよりも、ぐんと綺麗にファンデーションがつき、血色も良くなります。


電池式の美顔器では電池の数も気になるところ。エビスの「リッチミスト」は単3形アルカリ乾電池2本だけで動きます。


たった20秒でエステ後のようなぷるぷる肌になれるエビスの「リッチミスト」、お化粧直しの時にも重宝するので揃えておきたい一品です。

昭和7年の創業以来、良心的な価格設定と確かな効果で不動の人気を誇るナリス化粧品。今回ご紹介するのは2005年発売以来、高い信頼を得ているLED搭載美顔器「メガビューティ LED」(34,650円)。光+微弱電流+ローラーの3つの機能を搭載し、基本の「ふきとり」はもちろん「潤いケア」まで、万能な一台です。


優れた3つの機能とは、プラスに帯電している老化角質などの汚れをマイナスの力で吸着し、ふき取り用化粧水の効果を高める「エレクトロクリーン機能」とマイナスにイオン化された有効成分を電気の力で効率よく浸透させる「イオンバランシング機能」。通常のふきとり化粧水で汚れが取れたと思っても、メガビューティーを使うとまだまだ汚れが残っていたことが分かるはず。LEDの光によって細胞エネルギーの生産を促進し、生体電流に近い電流を流すダブルローラーは幅が狭くなり、細かい部分も使いやすく改良されました。肌全体の新陳代謝を活性化させる「アクティベーション+LED機能」を搭載した美顔器。


微弱電流といっても、ビリビリ!とくることもく、どんなお肌タイプの人にも使えます。もし違和感を感じた場合は、LOWからHIGHまで4段階調節ができますので、LOWで最初は試してみるといいでしょう。


即効性はありませんが、使い続けることで違いを実感できると思います。

美顔器を賢く選ぶ!

普段のスキンケアにプラスしたい美顔器。
明日は絶対綺麗にしなきゃ!という日には美顔器は必須ですよね。
エステサロンもいいけど、毎週通うことは難しい・・・。
そんなあなたにはお手ごろ美顔器がお勧め!


口コミランキングなどにランクインしている美顔器は大体1万円~3万円。
私の個人的な感想をいうと、2万円くらいで十分だと思います。
ラメンテのイオンシューティカルを使っていました。
美顔器は一度使って効果が目に見える優れもの。
ラメンテは一度でお肌の汚れが落ちたように肌色がワントーン明るくなり、お化粧前にするとお化粧ノリも良くなります。
発売元から出ている美容液をコットンに染み込ませ、それを美顔器にはさんで使います。
その美容液を美顔器を使わずに手でつけた時と、美顔器を使ってつけた時とでは明らかに効果が違います。


ニキビも出来にくくなり、重宝していたのですが、電池がすぐになくなるので泣く泣く使うのをやめました。美顔器を買うなら充電式にするべきですね。電池を買いに行くのが面倒だし、電池代も結構かさみます。


美顔器は同化粧品会社から販売されている美容液などと一緒に使うことが多いので、そのお値段も含めて美顔器を選びましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち100美顔器カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは090美容ドリンクです。

次のカテゴリは120エステサロンです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。